消費社会と言われていた高度経済成長も終わり、そろそろ消費社会ではやりくりできないほどに社会の情勢は変わっていってしまった。 環境汚染や温暖化などなど、この星を取り巻く問題が注目され、無駄な消費、無駄な廃棄物の増加は環境問題へとつながる。 最近ではどこの企業もエコに関しての意識を持ち始め、様々な事業や技術においてもエコを念頭に置くようになっていると思われる。無駄な資源やエネルギーの排出を抑え、繰り返し使えるものは繰り返し利用し、余計なゴミを出さないように取り組んでいるのだ。

今はエコに注目する時代

その中で、特に注目していきたいのが運送業。 ヒガシ21やその他いろんな企業が軒並み名を連ねている。一般家庭に運んだり、企業間に運んだり、運送業はとにかく忙しい。 運送業は、トラックや船舶を利用し、あっちへこっちへものを運ぶのがメインの業務となる。つまり、交通手段を使うので、その手段によるエネルギーの消費が課題となる。 トラックを走らせれば排気ガスで空気が汚れるし、たくさんの燃料が消費される。船舶も同様。 だからこそ、運送業はよりエコに対する意識が強いのではないかと考える。 ヒガシ21を始め、いくつもの運送業が存在しているが、どの企業も、環境に取り組む姿勢をしっかり見せている。 いくつかの公式サイトを拝見すると、環境保護の促進に関する文書が掲載されている。環境を守ることをしっかりと明記し、業務をこなしているのが分かる。 では、具体的にどのようなエコ活動をしているのか。 運送業の業務の中に見えるエコの姿勢についてを検証してみる。